治療と手術

HOME >> 治療と手術

 治療と手術

治療と手術の説明文
 


白内障

 

一般には昔「しろそこひ」と言われ、眼の「ひとみ(瞳孔)」の後にある透明な水晶体(直径9ミリ、厚さ4ミリの凸レンズ状の組織でカメラのレンズに相当するもの)が、白く濁ってくる病気です。
正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して濁ってくることがあります。これが“白内障”です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

 

緑内障

 
緑内障の説明文


まぶた

 
まぶたの説明文


涙道

 
涙道の説明文


網膜硝子体

 
網膜硝子体の説明文


治療と手術


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
 0480-53-8501

医療法人社団順孝会 新白岡・あだち眼科

〒349-0212
埼玉県白岡市新白岡7-11-9
TEL 0480-53-8501

診療時間

   診療時間
 
9:00~12:00 -
14:30~18:00
 ※受付時間は開始15分前です。
 ※土曜日午後(▲)は、14:00~16:00。
 ※ 休診日…金曜日・日曜日・祝日

 求人案内

明るく、やりがいのある職場を求める方募集。医療現場でチームとして仕事をしています。先輩職員が丁寧に教えてくれるので、初心者でも大歓迎です。主婦の方でも、勤務時間や休日は相談させていただきます。