目の病気(部位別)

HOME >> 目の病気(部位別) >> ⑨ 眼瞼 >>  2.先天性眼瞼下垂

 眼瞼(がんけん)


2.先天性眼瞼下垂(せんてんせいがんけんかすい)


小児の疾患

 
生まれつきまぶたを上げる筋肉が弱く、まぶたをうまく上げることができない病気です。目を開けていても瞳孔が見えない位重症では、弱視(視力が未発達になること)になることがあり、1歳未満の乳児期でも手術を検討します。瞳孔が見える位の軽症では、整容的(見た目)に気になる場合、視界が狭い場合に手術を検討します。通常の眼瞼下垂の手術では対応できない場合がほとんどです。
 

治療法

 
まぶたを上げる筋肉には頼らずに、特殊なシート(ゴアテックス)を使って瞼板とおでこの筋肉(前頭筋)をつなぎ、前頭筋の力でまぶたを上げます。形成外科では股の筋膜(大腿筋膜)を使っている施設が多いですが、筋膜は術後約15%縮むため、まぶたの上がり具合を微妙に調整することが難しいため、ゴアテックスでの治療をおすすめいたします。


目の病気(部位別)


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
 0480-53-8501

医療法人社団順孝会 新白岡・あだち眼科

〒349-0212
埼玉県白岡市新白岡7-11-9
TEL 0480-53-8501

診療時間

   診療時間
 
9:00~12:00 -
14:30~18:00
 ※受付時間は開始15分前です。
 ※土曜日午後(▲)は、14:00~16:00。
 ※ 休診日…金曜日・日曜日・祝日