目の病気(部位別)

HOME >> 目の病気(部位別) >> ⑨ 眼瞼 >>  1.眼瞼下垂

 眼瞼(がんけん)


1.眼瞼下垂(がんけんかすい)


まぶたの構造

 
まぶたのキワには、瞼板という軟骨があります。そして、瞼板には上眼瞼挙筋腱膜、ミュラー筋という筋肉が付いており、それらの筋肉が縮むことによりまぶたが上がります。
 

眼瞼下垂とは

 
加齢やハードコンタクトレンズなどが原因で(下着のゴムひもが徐々に伸びてしまうように)上眼瞼挙筋腱膜、ミュラー筋といった筋肉が伸び、まぶたが上がらなくなってしまう病気です。
眼瞼下垂になると、上の視野が欠けたり、「いつも眠たそう」な顔になります。徐々に進行していく事が多いため、自分では気づかないことも多く、他人から言われて初めて気づく方もいらっしゃいます。まぶたが下がるのを無意識的に補おうとして、おでこの筋肉を使ってまぶたを上げているため、おでこの筋肉が疲れて慢性的な「頭痛」「肩こり」に苦しんでいる方もいらっしゃいます。
まれですが、動眼神経麻痺や重症筋無力症など重篤な体の病気が隠れている場合があり、注意が必要です。
 

治療法

 
伸びてしまった上眼瞼挙筋腱膜、ミュラー筋を、手術で縫い縮めることにより適切な位置に戻します。手術翌日から洗顔できます。抜糸は術後1週間で行いますが、その頃には腫れも引いています。手術をすることにより、まぶたがきれいにあがり、視界も広がります。きれいに縫いますので傷は目立ちません。
体の病気が原因で眼瞼下垂になっている場合は、体の病気を治療することが必要です。


目の病気(部位別)


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
 0480-53-8501

医療法人社団順孝会 新白岡・あだち眼科

〒349-0212
埼玉県白岡市新白岡7-11-9
TEL 0480-53-8501

診療時間

   診療時間
 
9:00~12:00 -
14:30~18:00
 ※受付時間は開始15分前です。
 ※土曜日午後(▲)は、14:00~16:00。
 ※ 休診日…金曜日・日曜日・祝日